読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のお産 5

のんびり、ゆっくりと 小さな人工池の周りを ぐるぐると何周も歩いてまわるうちに

しらじらと夜があけてきました。新しい一日がやってきたね、としんみりしながら 皆で院内へ戻る。相変わらず5分間隔の陣痛の波があって、  そのたびに一体停止を繰返しながら。   このあたりの痛みレベルは 5程度。 しかめっ面になってしまう。  子宮口が 広がっているといいなあと思いながら もやしっ子ドクターを待ち、やってきた もやしっ子に陣痛待ちをさせてから 内診。 (このもやしっ子、なぜか 事あるごとに麻酔を使うか?と聞いてきた。 私は限界の限界を超えてしまって、命が危ないとか、何かあって帝王切開する場合には麻酔をと思うが、自然にこだわり、できるかぎり麻酔なしで出産をしたいと考えていたので、陣痛をのりこえる度に  『どう?そろそろ麻酔使う?』 と聞かれて、何?この誘惑!? と感じたり、いちいち聞くな馬鹿、麻酔なんて意地でも使わず産んでやる!! と意気ってみたり(心の中で)していました。 なにしろ はじめての出産で、先がどれくらいあるのか、見当がつかないことなので、どこまで自分が我慢できるかも未知な世界。。。だから、いざとなったら麻酔で痛みを減らしてもらえる、というオプションがあるというのは、それはそれで、とても心強かった。  でも いかんせん、彼は麻酔を勧めすぎて、『製薬会社のためか何か ノルマでもあんのか??』 という変な疑いすら感じた)   

とにかく、子宮口の開きが 無事5~6cmまで来たということで、 入院しても良いと言ってもらえて、一安心。万一のための点滴の為の針を腕に刺されて いざ、病室へ。

個室になっている病室のベッドで 出産と産後を過ごせる作りになっていて パパの為の簡易ベッドになるソファと ベビーをチェックする為のベッドなんかもあって、広々 快適な病室だった。   このころ 時間は5時近くなっていたはず。痛みのレベルは7~8で間隔は5分。子宮口全開まで この調子でがんばろう みたいな気持ちでいました。病室に入室のあと、病院の病衣に着替えるように言われるが、自分の下着のシャツを着たままでいたくて、下半身のみ外して下着のシャツはギリギリまで着ているのをゆるしてもらった。) doulaがバランスボールを 用意してくれたのでそこに乗っかり、陣痛の合間にゆらゆら左右にゆれてみた。  この骨盤を左右にゆらゆらする動きが私にはとても 良かった気がします。    バランスボールに乗っていても 陣痛が来ている間はベッドの柵にしがみついてうなっていないとならなかった。  そろそろ 必死である。  冷静に 必死であった。

陣痛が去ったあとの は~~、という感じが 始めは出ていた笑顔が消え始める。

バランスボールで陣痛に耐えているときに、ぬあーーー っと生暖かい液体が 自分の意思ではなく 流れ出したので、(感覚としては 尿が漏れたかのよう だけど明らかに尿ではない)  doulaに、 「今 破水したと思う、、。」 と報告。  『大丈夫よ、(バランスボールに敷いてある) タオルを換えればいいから』  とおっとり返されたが、    いや、そおじゃなくって、 破水って医者に知ってもらわなくっていいの??  とか考えて 一人で焦っていました。

夜通しの陣痛の波に そろそろ 眠りたい感じになったので バランスボールを降りてベッドへ戻ったのが6時辺り。 陣痛は3分おきになっていたので ベッドに上がるまでに 時間がかかる。。 ベッドに両手をついて四つんばいに近い体制になったら背中を物凄い気持ち悪さが 走った。   四つんばいは 陣痛の緩和の姿勢のひとつとして紹介されているが、私にはまったく 逆効果だった。

水中出産があるほどだから、湯船でリラックスを希望する妊婦さんもいるかとおもうが、これも私には NGだったと思う。。。試していないものの、水になど浸かっている場合ではないとでも本能が指令を出してる感じ???  話は変わるが、私はスニーカーしか 履かない。履けない性質なのである、女性らしい おしゃれで 綺麗なヒールの靴など 後にも先にも 所有することはできないと断言できてしまう。 何か起こったときのため、いつでもダッシュで走ることができる靴でないと、不安で歩けないのだ。(変わってる)