読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のお産 7

長い陣痛の波のり越え を経ての Push というのは 私にとっては いよいよ 出産か、 本当にもう?? といった あっという間 な感じがあった。でも 息めるのは なんとなく 快感。力の限り、痛みに任せて 踏ん張っちゃえばいいみたいな。

ただ、後一歩 のところで、会陰部が裂けてしまいそうな きつい感じ。お腹の痛みは自分のさじ加減に関わらず 押し寄せるし Push するのは快感。それなのに会陰部の 裂けます このままでは、 といった痛みが 恐怖。 息むのを セーブしてしまう。

病院に提出した バースプランの希望に 会陰切開 を書いたのに、伝わっていなかったのか、まったく切開してくれる気配が無く、 『 この痛みから逃れたいなら push するしかないんのよ~~~!!!! さあさあ、もおおっと Push して!!!  止めない!!! Push push!! 』 とあおられる。

いやいや、もっと できますけど、裂けちゃいそうで 怖くって。。。

と思って、でも言い出すタイミングも無く。   そうこうするうちに 『頭が出てきてるの、自分でもわかるでしょう? 触ってみる??  』 と言われて、  怖すぎますので結構です、ありがとう。  と息も絶え絶え、丁寧に断って 笑われる。

もう 切開してくれそうにないし、 push しろとやかましい。  どうなっても知らないから!なぜ切開してくれないんだ?! とやけっぱちな気持ちのときに 裂けそうだったあたりに、 カアッっと 熱い感覚が走り、 「あ、裂けた。」と悟る。

次のPushは怖かったが、「もう 私は本当に知らないよ!!! 息め 息めって うるさいから息むんだから!!」 と思いながら 息んだら ぴしゃっつと 一気に固体が飛び出す感覚が走ると共に、びゃ~!! という 元気な赤ちゃんの声が聞こえた。   裂けた痛みは裂けた瞬間に かあっと熱かっただけで済んだ。   でも あそこの裂ける痛みは 陣痛で気がつけないと聞いていたのに、陣痛は陣痛、会陰部は会陰部でしっかりと 痛かった。。。

そして 産後の処置、 赤ちゃんのへその緒が 脈を打つのを止めてから 切ってほしい というバースプランの希望も 通じてなかったのか、そっこう パパに カットされてしまって 残念。   すぐに胸元へ乗っけられたわが子、 背もたれの角度のせいか 私からは良く見えない。。。  ちっちゃいな、と思いなこわごわ支えて過ごす。   胎盤は勝手に するするっと出てきた。   ドクターに 見たいかと聞かれて、もちろん見たかったので 見せてもらう。  びろおおん と広げて持ち上げて見せてもらった胎盤は、一部色が 白っぽく見えて、あまり 状態が良好な胎盤ではなかったのではないかと 心配になってしまった。  ドクターは何も言わなかったけれど。   胎盤を食べると 身体にとても良いと聞いていたので、味わうこと ではなく、健康目的で 是非自分のものなら 食べておきたかったが、(たべるというより 薬のように 水で 飲み込んで摂取したい) 日本人は 内臓を 食べてしまう ゲテモノ食いにも ほどがある なんて思われて 日本人のイメージを悪くしてはいけないと思い 我慢しました。

へその緒が 首に2回巻いていたそうですが、 普通のへその緒よりも 細く 長いへその緒だったそうで、 赤ちゃんも苦しくならずに済んだそうで、  もし 普通なへその緒で、 危険だったら 怖かったなと ぞっとする思いだった。

裂けた場所は 2箇所、深くないから軽傷だと 説明されながら 麻酔を打たれ チクチク 縫ってもらう。  その後 ナースが 思いっきり お腹を しごく様に しぼりはじめて 痛い。  絞られると 何か出てくる感覚があって、 子宮の掃除かと思う。   痛いけど 我慢してよ、大事なことなの。 と5分ほど絞られ、下半身を暖かいお湯で さーっと流して綺麗にし、  ふんどしみたいな簡単な  下着の状態に なりさっぱりする。  お湯の流れた感じ、とても気持ちよかった。

お腹を絞られたお陰なのか、産後の悪露が っゼロ!!  最大のナプキンを 大量に用意したのに、常にカラカラ。 裂けた傷の血痕がちらっとつく程度。  これまた 意外でした。

ともあれ、無事の出産に一安心。  同時に一気に スイッチが 子育てに on.

なんともいえない ハイ気分。  物凄い エナジーでした。  お産による 脳内に出された何かのせいなのか、とっても幸せな瞬間を味わった幸福感とか、すごかったです、とにかく。