読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋した相手

25歳以前のことは、もうあまり覚えていないのだけれど、この人好きだな と恋心を抱いた相手を振り返ってみると、、、

19歳*** Hip Hopダンスに情熱を注ぐ5歳くらい年上の日本人ダンサー。(NYでHipHopの修行をしたくて造船の仕事をして資金をためていた人)

22歳*** スノーボードのプロを目指し、冬はカナダやアメリカで過ごしている、ひとつ年上のセミプロ スノーボーダーフリーター。 (ゆずっぽい雰囲気な男の子 というのが第一印象)

27歳*** AETとして小学校で英語教師をしていた南米出身の色男(たとえ方が昭和だけれど、恋愛中は彼のことを ジュード  ロウ に似ていると思っていた。今冷静に思うと、薬丸君を丸顔にした感じに近い、し、たいしてかっこよくない)

30歳*** 派遣の仕事をしていて工場で出会った ブラジル人。(今 冷静に思っても、かっこいいし 色っぽいし、隣にいたらムラムラするはず!)

31歳*** 子供の父。  (知り合った時から 恋心を抱いて 恋愛している期間まで、彼の一番の魅力は 母性本能をくすぐるような かわいいところであった。 彼の子供を産んだら、くすぐられていた 母性は200%息子に注がれてしまうわけで、彼のことなど2の次3の次 になってしまっている。Skypeの別れ際に I love you.というけれど、家族としてのLoveにすぎない)

 

今現在、子育てで手一杯で恋愛どころではないし、出会いも無いし、この先も恋愛しないままおばあさんになっていっても問題ないな と自分で思っている。日本で生きていくのならば、むしろ恋愛などせず、一人で精一杯子供を育てたほうが 子供の精神衛生上 良いような気もする。

カナダで暮らせるとしたら、子供が独立した後誰か居心地の良いパートナーが見つかれば、結婚してみたいとも思う。

このごろでは 素敵な男性を見ると、「どうやって 育てられたのかな?」 という点に気が向いてしまう。 とにかく 息子を素敵な人間に育てたい一心なのだ。

芸能人で 大好きなのが 宮沢 和史さん。  ときどき夢に出てきて、その日は恋愛しているときの 乙女な気分で過ごすことができて幸せだったりする。

現実の世界では恋愛しなくていいから、夢の中で大好きな人に会えたら それだけで十分、っていうか 私みたいな自分勝手で変わっている女は そうしておとなしく 夢にひたっているほうが幸せだし 平和な気がする。   文字になると 暗い!!