読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏 の 鬱 ??

冬が長く、日照時間が少なくなるカナダでは、 秋口から雪深い冬の時期に Winter depression (冬の鬱?) にかかることがあると耳にしていた。  子父も気分がふさいで、無気力な気分になったら これはWinter depression かもしれない。。。 と自己分析したりすることもあった。

たしかに、雪もふらずに、どんよりと薄暗い曇りがちな寒い日々が続いたら 気が滅入ってしまうというのもうなずける。 光の力ってすごい。

では反対に、夏の暑すぎる陽気に 何もする気が起きなくなってしまう 夏の鬱もありだろうか??  ありではないか、自分があまりにも無気力になってしまって そんなことを考えた。

朝一 目覚めたときにカーテン越しにさんさんと照りつけているであろう眩しい太陽の光の気配を感じて、うんざり、気力をなくす。  また酷暑な一日のはじまりか、、、と重たい気持ちを、さらに重たい頭と身体を無理やり起こし、嫌~~な気持ちで一日をはじめる毎日。

エアコンを消してみるものの たちまち30度 の現実に また気力をなくす。

すべきことがあるから、とにかく動くものの、汗が不愉快極まりない。手を洗うたびについでに顔も洗ってさっぱりした瞬間だけ にわかに前向きな気持ちがわきあがる。(すっぴん万歳!!)  けれど顔以外の全身は汗だくでべたべた。。。  またすぐに 気力をなくす、そんな繰り返し。

ニトリで買った 保冷剤を首に巻きつけて涼む布製の 襟巻きを巻き、首元を冷やしながら行動しても、このくそ暑さには 焼け石に水である。  のぼせ顔で歩くしかない。。。  無気力になる感じが我ながらとても辛い。  貴重な時間、今日と言う日は二度と来ないというのに、暑さにやられて 動けない自分に腹が立ち、落ち込む。 暑すぎて 鬱な気分。。。

なにくそ!! の根性は持ち合わせていない私だけれど、今日は食材の買出しに出かけたり、布団を干したり、行動的だった。

動けば 止まるのが億劫になり、 久しぶりに パテシノヮ まで仕込んだ。 ケベックで私に パテシノヮ の作り方を教えてくれた 大好きな Lucie のことを想いながら。。。

美味しく出来たかは 明日 姉のお家で皆で食べる時に!!!

グラタン皿、大きいものを探していて ようやく見つけて、手に入ったら嬉しくって。

しかもこれ、日本製で100均で売っていたのです!!!

ケベックの田舎町にいたころは、Rossyというさえない雑貨店で、同じようなレベルの商品5ドルとかいう高額な料金で買っていたっけな、と霧吹きを見ながら思い出しました。   日本の100均の品質がとてもよくなっていて、安かろう悪くなかろうという物や、MADE IN JAPANの品物が多くなっていて楽しいです。

f:id:maricake0418:20150730224734j:plain