読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供と 父親の距離

生後4ヶ月で日本とケベックという 遠距離親子という生活を強いられている 息子。

今年の4月にパパが日本に遊びに来てくれたときは、やや人見知りな感じで、パパと呼ぶけれど、半分は他人と接しているかのような態度であった。

なんか、わざわざ はるばる日本まで来てもらったのに、ごめんね。

そんな申し訳ない気持ちがあった。別れの帰国の日には、空港まで見送りに姉夫婦が車を出してくれたのだが、息子は5ヶ月年上のいとこを追いかけて楽しく走り回るのに夢中で パパそっちのけ。

まだ状況が理解できていなくって、無邪気なもので、私としては気が楽であった。

 

他の家族は パパとママと一緒に暮らしているけれど、 家はママだけ。そんな事情をだんだん理解しはじめているような息子。

今日は久しぶりに カナダのパパにSkypeでビデオコールをしてみた。

すると、長らく見ていなかったパパの顔なのに、ビデオの画面にあらわれたとたんに本当に照れくさそうに もじもじと私の後ろに半身隠しながらパパを見るのである。

パパがふざけた顔をすれば げらげら 笑うし、パパ! Daddy! と呼びかけて、張り切っている。

息子には 既にパパの存在が特別になっている様子で、ほとんど顔を見られないし、Skypeだって半年ぶりくらいの久しぶりなのに、驚いた。彼が自分の父親であるということを忘れていないのが嬉しかった。

けれど、Skypeを終えようと  おやすみ の挨拶を済ませたら、即 自分のおもちゃで遊び始めた息子が、 私が「またね~!」 とパパに挨拶し、Skypeが切れると、その音に反応し、PCの画面を振り返り、そこにパパがいないことに気がついたら とたんに

「パパ~~!!」

と口をへの字にして泣きそうになってしまった。

これは とっても切なかった。   おもちゃで遊んでいるとき、きっと息子はパパが見守っていてくれていると思っていたはず。  そして それが嬉しかったのだと思う。   こうなってくると 父親と離れ離れでいる生活が 息子にとって悲しいことだと感じられることになってしまいそう。。。。。。。。

 

ごめんね。

 

あんなに嬉しそうに パパ!! って言われると、父親と引き離してしまっていることを 申し訳ないと感じる。

パパの分まで息子を幸せにしたいと思っていても、無理な話なのではないか? と弱気になってしまう出来事であった。

 

Then what can I do ????? What should I do?????

最善の答えは見つかるだろうか??