読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの白熊

アザラシ体験で 恐怖の大パニックを起こした息子。

あの 怖い怖い 白熊にまたあって来ました。

猛獣館 299(肉球と掛けたらしい)の2Fベランダ部分にある アザラシ体験。

建物が見えてきただけで きゃいきゃい 楽しそうにBig bear!! と興奮しはじめる息子。  先週の大パニックの後、私と2人でその時に撮っていた短い動画を見ては笑って、恐怖体験を 面白おかしい記憶に少し変えることができたみたい。

そこに アザラシ体験がある という記憶が残ってるって なんだかすごい。。。2歳といえどなかなか人間らしくなってきました。  スーパーで大福もちを2個(よもぎと白)買って帰ると、よもぎの大福を1個食べ終わったあと、もうひとつ白いのを食べると言い出して、よく覚えていたな~と今日も驚いた。

 

アザラシ体験の入り口に来ると わくわくして足をばたばたしていたけれど、中に入るのは怖すぎるようで、中へ入って行く私を止めるほど。

学校の社会見学で動物園に来ていた小学生(たぶん2年生)が園内案内のボランテアの案内のおじさんに連れられて、私達の後からアザラシ体験に列をなした。

「はい、それでは、この氷の中に入って、今からホッキョクグマに食べられちゃうアザラシになるからね。3人ずつ中に入って見てきてね~!」

案内役のおじさん。最初にネタばらしするのね~。

まだ幼さの残る小学生、

「え? 怖い”? これ、こわい?」

と聞きながら、洞穴に入って行き、

「なんだ、偽者だよ。怖くない。」とか 「こわい~!」 とか言いながら出て来ました。女子は本気で怖そうにしていたし、男子だって へっちゃらだと言いながらも、けっこう怖かったんじゃないの?って感じの子もいて、見ていて面白かった。

そして、引率の先生が若い好青年で、俳優のあの笑顔がかわいくて、髪がテンパでくるくるしてる彼、、、、(名前が出て来ない。。。)に似ていて、素敵っ!!とか思っていた。私達がクラスの皆が見学を終えるのを待っていたものだから 見学を終えて次へ向かうときに 「すみませんでした」  とか挨拶してくれちゃってね。

 

けっきょく、お兄さんたちが楽しそうに洞窟を見学していた様子を見たのに やっぱり自分が中に入る勇気は無かった息子。  私もさくっと 写真を撮ってその場を後にしました。

f:id:maricake0418:20151115032906j:plain洞穴入り口付近

f:id:maricake0418:20151115033001j:plainがおがお!! と襲い掛かる白熊。  けっこう迫力ある作り。顔の大きさは大型犬程度の縮小版だけど、アザラシの気持ちになる、野生の厳しさ、過酷さを学ぶための良い機会にもなるはず。