読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久しぶりに開けたBlog。  もう書かない時間が長すぎて 凍結するかと思った。

色々 あったけれど、書かなくなったきっかけは 写真をUpすることに苦戦して、 なんだかわけわからなくなってしまって 行き詰まったことがきっかけだった。。。

一番しっかり記事にしたいと思っている内反足の経過についての写真のまとめでつまづいてしまって中途半端に更新が途絶えてしまうなんて。。。。

 

また 気を取り直して記事をまとめていきたい。

 

これまでの時間に、息子は3歳になり、子父はGFを作り、などなどたくさんの出来事が。

 

ちょうど 子父の In relationship を知ったころ、 彼と同じ職場にいる共通の友人が「君がお金を絶対に受け取らないって言い張るから 彼はお金を送れないんだって、自分はお金の面で君たちをサポートしたいのにって いつも話しているよ。」   と教えてくれた。   

それは違うぜ って腹が立ってしまい、ならばと こちらから 子父に お金をお願いすることに。

 

きっと、自分以外の女性を選んだということが私の中で、 しゃらくさい という感情? 悔しさ みたいなものになっていたはず。   とっくに恋愛感情は消え失せていて、  この人との幸せな未来、、、、、、、、無いな~。  と思っていたくせに悔しむなんて、どんだけいやな人間なんだ? と自分を責めたけれど、 こういうことでもなければ 彼に金銭面をサポートしてもらう勇気はもてなかったのだし。。。

 

お前が 働けって話なのだけれど、子供を預けて働く勇気もなく、貯金を切り崩し 使い果たし、本当にお財布が空っぽで外出することが日常になっていて、それでも子父を一人っきりにしてしまったのは自分の責任が大きいし、子父の寂しさを思えば貧困ぐらい、、、という気持ちでいたけれど、  あれ? いつのまにか恋人が?  ってことに気が付いたら、

 

彼女とおいしいご飯を食べに行くお金を使うのだったら少しでもお金をこちらに使ってください。(これは心の声だけど)  「オムツも高かったし、贅沢しなくても物価は高いし、あなたの息子は穴の開いた靴とズボンをはいています。。。」

 

と こちらから言い出せた。 彼女ができていなかったら頼む勇気と勢いはなかったはず。小心者な私。 嫌われたくないと思ってるのか? 

でも正直なところ、「え? 自分の同僚たちにはいい父親顔してんの?」 って思って腹が立った。  私にはずっと 「離れて暮らす子供にお金だけ払うなんて 最悪」って言い聞かせてきたくせに!!!!

 

500ドル工面してもらったお金が受け取る時には 3万5千円 になってしまっていて、(手数料で差し引かれたため)、なんか悲しくなってしまった。 貧乏だろうが容赦なく手数料ってかかるんだな。。。賢くならなくちゃね。。。

私が子父に助けてもらうお金の話は初めてしたけど、(交際していた時期は 私が少額を建て替える、そして返してもらいそびれる ということはあったけれど。。。)、やっぱり顔色が悪い感じで、機嫌も悪い感じで、  

「職場のオーナーは相変わらず給料の未払いがあるし、くそ忙しい夏もただ働きに終わるかと思うとナーバスになる。」

と暗く話すものだから、お金を頼む私も心が苦しい。

 

時間がたてば、

そんなもん、仕事を変えればいいだろうが!!!!!

と 他人事のように思えるのだけれど。。。子育てに追われ、自分の自由が利かない生活をしていると 独身の彼が愚痴る出来事に やさしくできない。。。。。。。