読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達の凸凹か? 育て方の問題か?

息子は、こだわりが強すぎたり、変化に弱かったり、人見知りが激しかったり、空気を読むというか、場に流れる気のようなものにとっても敏感なところがある。

 

私の顔色にも敏感で、悲しそうな顔を見せてしまうと

Be Happy!!

と叱られてしまうし、口論などが聞こえたり、だれかが喧嘩していたりすると、その場から逃げ出そうとする。

暗い空気が嫌なのだと思う。(そんなの 誰だって嫌だけど、3歳でここまで細かく察知できてしまうのか!? と驚くくらい敏感)

 

できるだけ、そういった不快感を避けてあげる生活をしていても、時として彼が何に不満なのか、気が付けないこともある。24時間ずっと一緒にいる私なのに。

 

今日も クリスマスの飾りを作っていて、突然不機嫌になった息子。

私は作品を仕上げたくって、「嫌ならばあばのところに行っておいで」 と息子に少し冷たくしてしまった。

ばあばがテレビを見ながら(相変わらず家事もそっちのけでテレビに夢中である)食べていたお菓子を私にもってきて「どうぞ」 とすすめてくれたが、

「今いらないよ、ママ、それ好きじゃないんだ。。食べていいよ」

といったら不満顔。。。不機嫌が続いている感じだったので、ばあばと一緒に食べておいでよ と勧めると

とぼとぼと廊下を歩いていく後姿。。。

 

表情と、歩き方で、(これは もしかしたら 泣いてしまうかも) と思いながら背中を見つめる私。

トボトボと帰ってきた息子は もう泣く寸前。

「お菓子、食べた?」

と聞くと

「ごみ箱に捨てた」

というので、おちゃらけて 明るく

「ほんと??? 見に行ってもいい??  ママも、見てもいい???」

と息子に言い、一緒に見に行くと、息子が指さしたごみ箱に、私がいらないと断ったお菓子がぽつんと力なく捨てられていた。

責めるでもなく、極めて明るく「ほんとだ!!ポイしてあった!!」と言い部屋に戻ろうとすると、母が

「ばあばのお菓子は食べちゃダメっていわれてるんでしょ?」

と息子に言ってるようで私に向けて嫌味を言う。

続けて

「なんでそんな風に育ててるわけ?」

と私に向かって非難の嵐。

 

またか。。。。。。。。。。。。

 

その被害妄想は どこから来るのですか?

 

と言いたいくらい、わなわなと怒りで震えるくらい腹が立った。

まるで私が息子に ばあばを嫌うように仕向けている とでも言いたいような口調で私を責め、育て方が悪いと私を非難する母に、怒りを通り越して、

 

ここから逃げないと

 

と思った。

何をしても文句かケチがつく

何もしてなくても疑われる

ずっとずっと変わらない母からの呪縛のようなものに苦しむのはもう嫌だ。

 

自分が母に責められたことで、息子に対して「あなたのせいで私が叱られた!!!!」といったようなバカげた逆恨みなどは出ない。 恨みのような感情はすべて母に跳ね返し(と言っても直接何か母に言ったりしてないけれど)、「絶対ここから離れてやる!!!!!」 と心の中で強く誓ったのだ。

 

絶対にこんなところ離れてやる

 

昔、安室奈美恵紅白歌合戦で 森口博子のバックダンサーをしたときに、絶対。。。。。。と胸に秘めていた想いを、叶えたように、私も絶対に私と息子が幸せに暮らせる場所にたどり着いてみせる。

 

 

発達の凸凹が起こす問題行動なのか? 育て方の問題なのか?  それを私が今、学んでいるさなかである。

手を貸さない人間が、文句ばかり口を出さないでもらいたい。