読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の問題は?

息子の発達を初めて発達小児科のドクターに診てもらえた今日、問診中

お母さんはどういった性格ですか?  

と私のことを聞かれ、

感情の起伏がとても激しいです

と答えて、「え。そうなんですか?」 と言われた時、そう見えない外面の良さが問題かと思いますって言ってしまいそうになった。

 

こう見られているのだろうなという周りの印象とは かなりギャップがあると思うわたしの性格。

 

両親の不仲、母親からの束縛、父親の育児不参加、

自分がねじ曲がった心をもっている原因なのではないかと私が思っている自分が育ってきた過程を、相談したくなった。

 

精神科に行ったら相談できるのかな? 心療内科?  

 

今日、自宅に戻り、息子の診断結果を知った時に母が見せた表情は、私を責めていると思われるものだった。  今日は何も言わなくても、近いうちに私に文句を言ってくるのだろうなと感じる表情。 不満と嫌悪感、哀れな者を眺めるように息子を見つめながら、「お前が年取って産んだから」とか「お前がどうしようもない食生活をしていたから障がい者を出した」 と、また私を責めてきそうな顔。

 

つらかった。

 

確かに、妊娠初期、つわりできちんと栄養がとれなかった。妊娠前も、健康的な食生活は送っていなかった。  高齢で初産となった。。。。。。。。

 

私に責任があることも多々ある。

 

でも、今こうして毎日成長している息子を前にして、 過去を悔やんで落ち込んでいる暇はない。   自分を責めているけど、そこに心が占領されてしまうと、私のようなメンタルが弱い者は、心身共に壊れてしまうとわかっている。

母が、もっと反省しろ、もっと自分を責めろというなら、それをしたら私のことを好きになってくれるというなら、もう笑えなくなるまで自分を追い詰めてもいいけれど。

 

なにこれ?  私、前のほうをよく見て歩きたい。そうしながら今日の目の前を精一杯生きたい。

 

私なんてって思いながら生きてきたし、そういう心で生活してないと、「この身の程知らずが!」と母に嫌われるんでないかって思っていたけれど。。。。(そしてこの自己評価の病的な低さ   「私なんかが生きていてすいません。。。という気持ち」 はどれだけ頑張っても なかなか消えてくれない。  お母さんに愛してもらえない、お母さんを満たせない私はだめだなという絶望感は いつも私を苦しめる。 同居してると、顔を合わすたびにこの気持ちが襲うから つらい。。。)

 

ママが笑顔でいなくっちゃ!!

そう言って私を励ましてくれる声を、そっちを信じて前向きに生きたい。