読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分で自分を 抱きしめる

自分のことを 好きになれない私は、ほかの人に好きになってもらえるはずもなく。

でも、いつのまにか 自分の逃げ道を見つけていて、言い訳に埋もれ、愛されたいという欲望に蓋をして、平気な顔をしていた。

 

 

ひょんなきっかけで、ポッと心の飢えや乾きを思い知って、

愛されたい願望

のようなものに気が付くと、満たされない現状が苦しくなる。

 

仕方がないから自分で自分をぎゅっと抱きしめてみる。

ふざけている中学生男子のようだが、そんな私は「せめて自分くらいは 自分を思う存分抱きしめてあげよう」 と必死だし、少しは前向きである。

 

自分で自分をくすぐっても たいしてくすぐったくないのとおんなじで、このHugのパワーは弱いけれど。