読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自閉症の特徴

いろいろな物事への敏感さが診断基準になる 自閉症

 

感覚に関する過敏の中に温度という項目もあるけれど、

お風呂の湯温、息子はかなり低い温度を好む。

 

夏場は日中の暑さを解消するかの如く、私も好んでかなりのぬるま湯につかっていたけれど、お風呂上りに寒気を覚える今は、せめて42度くらいのお湯で温まっておきたい。

お風呂上りに「さぶ~!!!」なんてイソイソと体を拭いてたら、風邪をひきそう。

 

それでも息子は、私がシャンプーや体を洗っている間、先に湯船につかっていると

「熱すぎる!!」

と 41度程度の湯船に水をガンガン足してしまう。

ほっておくと、寒くてとても入れないくらい湯温が下がっても、平気な顔をしている。

 

私が「これじゃ風邪ひいちゃう!!!」 と慌てて湯船にお湯を足し始めると、熱湯コマーシャルかのごとく湯船から体をだしてしまう。

ダメダメ!!

と湯船に戻しても、肩までお湯につかってくれない。立ったままの姿勢で、半身浴になっちゃって、上半身が冷たい。

 

寒いはずなのに。。。

 

遊びに使うコップで、湯船のお湯を肩からかけてあげながら過ごすが、体が温まると私が感じる湯温にまで湯船のお湯を温めると怒り出すので、最近は

 

せっかく湯船にお湯を張っているのに寒いままお風呂を出る

 

といった毎日。

 

さすがに 息子も 温まっていない体でお風呂から上がって 浴室を出ると、気温が低い脱衣所で「さむい~!」 と寒がる。。。

 

だから 言ったのに

 

と思いつつ 自分も寒さをこらえながら息子を急いでタオルで包み乾かしている。。。

 

 

今のところ 風邪などひいていないけれど、 あのお風呂上がりの寒さ、なんとかしたい。

でも 熱い 熱い と言っている息子を無視もできないし。。。。