読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きな人に、好きだって伝える??

家族や友人なら、もう惜しまず恥ずかしがらず、言っちゃいなよ!!!と思う。

毎日はできなくても、誕生日なんかの折にはカードに書いたりして、はっきり、遠回しでもきっと伝わるから大丈夫、伝えなくちゃ。

 

友達や同僚の、いいなと思うところなんかも、私はよく本人に直接言ってしまいたくなって、言う。

 

「OOちゃんって、機敏に正確に作業できるよね、頭の回転も速いし。すごいと思う。」

 

とか、

 

「OOちゃんが書く字がとても好き!」

 

といった具合に。

いいなと感じたことは、そう思った気持ちを本人に伝える。  

案外 自覚がないことが多くって、

「え~!? そお?  初めて言われた!」

とか、

「そんなことないよ~。(照れる)」

とか、

「いや~嬉しい!! そおかな?」

とか、かわいらしい反応が返ってきて、さらにこちらの気持ちが幸せになったりする。

 

 

素敵だと思うことは、伝えたい。伝えても、差支えないはず。

 

 

ただ、、、、これが異性、しかも思いを寄せている相手となると

「あなたのことが、好きです。」

とは、言いにくい。

 

差し支えることだってあるだろうし。

でも、根拠もなく 漠然と好きだという想いがあふれてくるのが恋心。

告白 って、すごく独特な日本の恋愛における文化だと思う。

 

告白したことも、されたこともない私は、憧れで終わりっぱなしの10代 20代を過ごしてきたから、いまだに 告白っていうことが、ものすごい大きなラインに思える。

 

告白 というラインを超えた先の未来には、自分の気持ちを知ってしまった 好きな人がいて、、、、知られる前と後では絶対に何かが変わっているはずだから。

 

そろそろ バレンタインデーの雰囲気があちこちに。

 

日本における、女子が告白する(もしくはどさくさに紛れて、相手の反応をチェックする)一大イベント。

クリスマスやハロウィーン同様、不思議な独特なイベントに仕上がって定番になっているけれど、楽しいんだから、いいか?

私は、ホワイトデーのシステムが苦手で、もうバレンタインデーは日本の方法ではやりませんって決めている。

 

カナダのように、お花を受け取ることに憧れている。