読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てに疲れてしまったら

お気に入りの動画に夢中になっている息子を膝にのせて、半ば呆然としながら、

(もう呆然とするくらい行き詰まった心境で)

 

ぼんやりと 40年後を想像してみる。

 

息子43歳、私(生きていられたら)79歳

 

79歳の私には、43歳の息子をこうして膝の上に抱えていることはできない。

息子が触れられるほど近くにいてくれるかどうかさえ分からない。

きっと、一緒に過ごす時間さえ持つことが難しい。

 

そんな79歳の私からしたら、この今の時間はなんてすばらしいのだろう。

なんとしてでも、もう一度感じたいぬくもりだろう。

 

今 ここにある幸せ。

 

自分の両親にも、30秒もあれば話に行けるし顔も見られる。

息子は「ママのことだ~い好き!!」 と言ってくれる。

自分の体に痛いところはない。自分で歩ける。

 

ああ、見失っていたね。

これを感謝できなくて、どうして幸せになれるというのか?

 

そんな気持ちに帰ることができる。

 

今しかできないことを、今全力でしておかなくっちゃ。

今ある最高の幸せを感謝の思いでもってかみしめなくては。

 

まだまだ小さな息子をぎゅっとだきしめて、うんざりされながら気を取り直す私。

 

余裕がなさすぎて、ごめんね。

 

でも、今気が付いてよかった。