読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもの日 今年はケーキを親子で焼いて

土台はバナナのスポンジケーキ、チョコレートが好きな息子のため、クリームはチョコレート。

 

息子が寝ている間に作る予定が、急な私の発熱で、急きょこどもの日の早朝から2人でケーキを作りことになってしまった 今年のこどもの日。

 

息子がデコレーションを担当。

ほかにも粉をふるったり、卵を割ったり、ミキサーを使うのを手伝ったりと2人の共同作業で楽しく作れて良い思い出に。

f:id:maricake0418:20170506205143j:plainメッセージプレート、唯一使えそうだと思って製菓材料店で買っておいた おめでとう のものだったのに、 こどものひ と私がチョコペンで書いた後に乾かしている間に息子が おめでとう の上に グニャグニャとチョコペンで落書き。。。。。。

「あ~。。。。」

と焦る私に

OOOくん!」  

と、自分の名前を書いたのだと笑顔で言う息子。

はは、だったらいいか!!

と落ち込みそうな自分を励まして。

クリームのとんでもない絞り出しも、アンバランスなメレンゲのキノコの飾り方、星のチョコレートの飾り方も、息子が思い通りに 好きなようにやったことと思うと、まあいいか!と思える。

 

見た目はあれだけど、味はとってもおいしくできていて、また作りたい!!!

このスポンジ、バナナをペーストにしたものが焼きこまれているのだけれどバナナが重いから底の方に沈んで焼きあがっていて、底がぎっしりどっしり、上の部分がふんわりさっくりという独特な食感にしあがっていて、濃厚なチョコレートのクリームとの相性もばっちりだった。

 

マフィンよりくどくない、それでいてしっかり甘いものを食べた満足感があってよかった!   何より 息子が大喜びで1日中 早く食べようって楽しみにしてくれたことが良かった。

やっぱり お菓子を作るのって楽しいな~。。。