今の仕事 と転職への不安

転職のチャンスをものにしたというのに、いまだに揺れている私の気持ち。。。。。

 

初めて飛び込んだ介護の現場。

ものすごく緊張して面接に挑み、面接した直後に病棟を見学して回った後に

「私にここで働く器量は、、ないと思う!  でも、働いてほしいアピールがすごかったな。。。。。。。。断るのもせつないし、どうしよう。。。。」

と悩みまくっていた私。

 

結局は 断る勇気が持てなくて、「えい~!!なるようになれ!」 と就職を決心して働きだした。

 

そしたら 意外や意外。

やりがい、達成感がものすごくって

「この職場に出会えて幸せ」

と毎日感じている。

 

看取りの看護、介護の病院だから、初めはその独特の空間と気のようなもの、そしておむつ交換のにおいに少し苦労したけれど、生きていくこと死んでいくことについて、考え方や意識が少し変わった。

 

もうすぐになくなっていくであろうお年寄りだったり、信じられないほどあっけなくお別れがきてしまったお年寄り、信じられないようだけどこれが自然なんだ、産まれたからには死ななくてはならないあたり前のことに含まれる それぞれの人生のドラマに触れて

「1日 1秒が大事。」

ということを毎日感じている。

 

私は患者さんのお世話よりも、掃除シーツ交換、洗濯や洗い物といった雑用が仕事なので、 下の世話から食事の介助まで、夜勤を含めてさらに遅番早番など バラバラのシフトで大変な仕事をされている介護士さんたちに感心するとともに、感謝し励まされている。

臭いのが耐えられないなどと 弱音は一切吐けない。

 

埃や細菌が空気中に多いのだろうか?しょっちゅう気管支のトラブルを起こしてしまい毎月苦しい時間があるんだけど、それでもこの仕事が楽しくて。

優しい仲間と、患者さんの言葉に救われている。

 

できれば転職したくない。

でも、給食室は一番希望していた仕事。。。。。。

 

願っていた仕事のオファーは今後もらえない可能性も高いし、そもそも もうそちらに

「お願いします」

と返事もしてしまったわけで、今更 それこそ断りにくい。。。。。

 

給食室での仕事がうまくできなかった場合、また今の職場に戻れるのならばよいけれど、そんな虫のいい話あるはずないしね。。。。。

 

もう、私っていったいなんなんだろう?

 

今の仕事の一番のメリットは、きっと

「家に仕事を持ち込まなくて済むし 育児を最優先にすることが許されている」

ということだと思う。

 

長い目で見てみて、今どちらの職場を選ぶべきなんだろうか?

体力的にも 今の仕事なら続けていく自信があるんだけど、給食室で時間に追われて働くストレスに自分は耐えられるのかしら?

耐えるしかないんだけどね。。。。。。。。

 

がんばるなと言われても 頑張ってしまう性分だとは思うから、あとは自信を持つのみ。

 

揺れても、悩んでも 前にしか進めないのだからね。

願っていた仕事のオファーが。  でも、今の仕事を辞めたくない。。。。。

生活のために 強いて言えば 仕方なく選んだ今の仕事。介護の現場。

 

この職場にたどり着くまでに 自分の中で一応は理想があって、妥協もあって、

「息子が通う幼稚園の給食室のスタッフをやりたい!」

と春には考えていた私。

 

息子の傍にいられるし、長期の休みには同じように休みが取れそうだし っていう条件で 一番働きたい場所だった 幼稚園の給食室。

4月には まさか 求人なんて出ないだろうな と思い込んでいたのだけど、園のお便りで

「新たに OOOOO が スタッフとして従事しています」

というのを知った時に

 

「え~~~~~!!! 私も働きたい~!!!!!!」

と悔しがった私。

 

ダメもとで 幼稚園の理事長に 直接交渉してみた。

自分が卒園児であるという コネを最大限利用しようじゃないか!こんな時は!!

と、いつになく 鼻息荒く 「ここで 働かしてください!!」って アピールしたんだよね。。。。。。

 

4月の その時点では 当然

「申し訳ないんだけれど、今はちょうどスタッフを補充してしまったばっかりで、空きがないから。。。。   でも 頭には あなたのことを置いておきます。」

という 理事長のお断りをもらってしまった私。

 

 

で、7月から今の職場で仕事を始めたわけだけども、私は今の職場が大好き。

 

たまたま 恵まれただけかもしれないけれど、配属先の病棟の看護師さんはじめ 介護士さん達、直接の先輩 から患者さんまで、みんな みんな とっても 大好きで、

「ずっと 一緒に働いていたいな~」

と思える環境。  仕事内容も、自分が気管支炎や扁桃腺炎で苦しい時だって、こなしてしまうパワーが出せるもので、大好き。(これは自分でも意外だった、これほどまでにこの仕事を楽しめるなんて)

 

いろいろと 軌道に乗ってきた 今のタイミングで、突然現れた仕事のオファー。。。。

 

 

来年4月から 給食室ではたらきませんか?   毎日パンを焼けるわけでは ないけれど、もしまだ その気があれば、お返事ください。

 

と。。。。。。。。。

 

道が開けたような 険しくなってしまいそうなような。。。。。。。。

 

 

 

 

介護の現場。  私のジレンマ

私は、職場では資格がないから 患者さんに触れる作業はできない。

 

あくまでも シーツ交換やお掃除、ベッドメイクや洗い物、洗濯などを担当するスタッフ。

 

お掃除で、病棟の全部の部屋を回り ベッドの柵を拭く作業で患者さんに語り掛けたりする交流は持てる。

看護師さんや 介護士さんたちは、痴ほう症であれこれ物を要求する患者さんに いちいち付き合わず、突き放すような物言いをしたり、上手にごまかして交わしたりしているの日常。

 

私が患者さんから要求をされて、看護師さんに報告して

「あ~、あの人、いつもそういうから、ほっといて。」

とか

「もう いちいち聞いてこないでね」

とか煙たがられてしまって、落ち込んだ時期もあった。

 

自分がそうされたら悲しいと感じる態度はしたくないから、ついつい患者さんの思いに寄り添いたくなってしまうけれど、忙しく業務をこなしているナースさんたちにとっては

そんな暇ない!

とはねのけたいことが 多いのでしょう。。。。。。。。。

 

 

例えば、患者さんの家族から

「もっと要求を聞いてあげてほしい」

と訴えられたら

「だったら 自宅で介護しろよ!」

と言われてしまいそう。。。。。。。。。

 

 

そうなんだけどさ。

 

なんか、気持ちが落ち込みがちになってしまう、あまりにも現実が厳しいと。

 

 

でも、中には温かい対応ができる介護士さんもいる。

そういう介護士さんに 癒されて 励まされながら 今日も頑張れた。

 

優しい人は 優しい。

私も 優しい人でありたい。

 

 

靴を つく とは呼ばないが、く と つ が ひっくり返る息子の言葉。

4歳児の かわいい日本語。

 

「つくした はいたよ~!」  (靴下)

 

「ママ、今日も 一緒に つっくいて寝よう~!」(くっついて 寝よう)

 

くつは ちゃんと言えるくせに、靴下とくっついて と言いたいときには間違って発語する最近の息子。

 

 

 

 

 

かわいい~!!!

 

特に つっくいて寝よう~!!!!!!

 

は、思わず顔がにやけてしまうくらい嬉しい。

最近性欲がなさすぎて やばいな とおもっていたけど、  母性が強くでているせいかも~!!!!!

 

母 と 妻 を両立するのは私には無理だなって思ってしまった。

 

息子がハーフな見てくれをしていると、周りの人は「この家庭には外人がいる」と判断する。

みんな、教育熱心で、こと運動機能と語学(英語)を早く伸ばすことに関しての 親御さんの熱意には、頭が下がる思い。

 

英語なんかは、「幼児期が大切~!!」と刷り込まれているかのよう。

 

息子は 子父がケベックの白人だから、 アジアンな私と「ちょうど半分こ」 な感じでハーフな見た目をしている。

私は見慣れてしまっているのか、あまり白人の要素を感じないのだけれど、見知らぬ人から

「もろ ハーフな感じだね~! 国はどこ?」

と 唐突に聞かれたりして 驚く。  

 

今日は 息子が通う幼稚園で 某英会話教室の体験会があって、 参加していた親子が 体験会を終えて 別の習い事をしていた私たち親子の前を通り過ぎていった。

子供さんのほうに

「どお? 楽しかった?」

と 声をかけた私に、その子のママ、

「 パパに教わりたいくらい~!!」

と 半ばがっかりしたような表情。

 

 

パパ?  ん?   

あ、子父のことか!

 

と気が付くまでに かなり時間がかかってしまった。

 

 

一緒に 暮らしていないんだよ~~~~!!!!!!!!

 

と宣言したい気分。

 

きっと、同じ幼稚園に通う子供たちの親御さんたちの中には

 

「いいな~! 自然にバイリンガルに育てられて~!!!」

とうらやまし思っている方々がいるんだろうな。。。。。

 

 

とんでもない!

子父と同居してないどころか、養育費ゼロで家計は火の車、子父はカナダで自由に恋愛しながら 息子と離れ離れにさせられた 犠牲者面して、 楽しく暮らしていますわ~!!!!

 

と、説明したくなってしまう。

 

 

私も うっぷんをためすぎてしまってダメね。  毒吐いちゃう!

 

 

本物の インターナショナルなご家庭を見て、私も

「いいな~!!!」

と思ってしまうから、気持ちは本当によくわかるんだけどね。

 

私に 外国人の伴侶を期待されても困るのよ~。日本では、本当に誰からも相手にしてもらえなかったし、相手にしてもらえないんだから、私は~!!!!!

無気力の原因は、カナダが恋しいからなのか???

秋は 一番気持ちが昂る私。

 

やっと 暑さから解放されて、ちょっとセンチメンタルな気分で、あったかいカフェオレがおいしい季節。  わくわくする~!!

 

でも、静岡の生ぬるい秋は、もはやそのワクワクを奪うばかりで、軽井沢やカナダで過ごした 本当にあっという間に寒くなってくれる 正しい秋の感じが恋しくてたまらない。

 

そんなこんなで 悶々としている私に、厳しい残暑。昨日今日と、日中30℃越え。

 

暑くてイライラしがちなところに、相変わらず流行っているのか知らないが、ニット帽をみょうちくりんにかぶったり、「今年の流行~!トレンド~!!」とはやし立てられている みょうちくりんなファッションの輩を目にして、

 

がっかり 肩を落とす。

 

右に倣えで 一斉に おんなじような恰好までする~?????

 

日本で目にする 恒例の風景が さらに私の怒りを誘う。

 

で、 「明日 帰国しなくちゃならない」 という状況でカナダにいる自分の夢を見る。 それも、かなり 頻繁に。

 

もう、ものすごい絶望感。夢の中なのに、絶望している私。

 

私、カナダでの暮らしが大好きだったから。 どうしてカナダに生まれなかったのかしら? って悲しくなったくらい。

家族や 友達が そばにいないことぐらいしか 不便はなかったし。

 

きっと、気力が無いのは、

 

生きたい場所で 生きられない 自分への もどかしさなんだろうな。。。。。。。。。

 

ないものねだり?

 

違うと思う。

 

なんだか 行き詰まってしまったよ。

やる気が出ない。。。。。。。。。。。。。

どうにもこうにも 気力が出ないの。

 

こういう時、どうしたらいいんだっけ??????????

 

 

やる気が出るのを待っていたら 3日くらいはかかるから、まずやってみる。

やり始めると、やる気が出る。

 

そう思って動くことは動くのだけれど、そうしたところで やる気が出なくて どんどんレイジーになってしまう自分に、さらにやる気をなくしてしまって 悪循環。

 

今の私、オーラが暗く、濁っているに違いない。

 

 

 

そんな私にも、不思議な出来事が起こって、

 

今までで私の中で一番大きな恋をさせてくれた彼が、突然夢に出てきて、しばらくの間その余韻に浸っていたら、その彼からメールが届いてあらびっくり。

 

彼のほうは、今Norwayで家庭をもって 幸せそうに暮らしている。

 

だから メールの返事も やりとりも、 そういった事情に差し支えないようなものだけど。

 

こんなに時間がたった今でも、お互いが おのおの元気に過ごしていることをうかがい知ることができるのは、この時代に生きられた幸せだって思える。

 

 

思い返せば、「偶然ばったり出会いたい!」と 願って願って 彼が暮らす町に暮らすことを選び、   本当に偶然ばったり出会えた時に、一緒に歩いた道中、緊張しすぎて嬉しすぎて、雲の上をふわっふわと歩いているかのような感じを味わった。

そんな気持ちにさせられたのは 今のところ 彼だけだから、きっと一生ずっと 彼は特別な存在!

 

 

もう27歳だった当時の私より ずっと年を取ってしまって 立派に40歳(!!!)の私が、また機会があったとして、彼の前に姿を見せられるのだろうか???

 

出したいよ、そりゃ~!!

 

と、なりふり構わず思ってしまうところが、40のおばさんだよね。。。。。。

 

 

夢でも会えて嬉しかったのに、偶然その数日後にメールまで来たから 運命感じて嬉しかったのに、 相変わらずやる気が出ない 今の私。。。。。。。

 

 

今日は、せめてゆっくり眠りたい。

(でも、腰のヘルニアが悪化しているようで、痛くて何度も起きてしまうんだよね。。。。。。。本当、すっごく痛いんだよ~!!!!!)