読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

授かった 命に内反足が判明しても

悲しみにくれたり、自分を責めたりしないでください。

とっても不安だと思います、

心細いと思います、

なぜ私の子に??と思うかもしれません。。。

それでも、自分を信じて、強い気持ちで治療に挑んでください。治療に勇敢に立ち向かうわが子を支えてあげられるのは、お母さん、お父さん、

じじ ばば をはじめ、たくさん います。

中でも いちばん側にいて もっとも多くの時間を一緒に過ごす 母親の力は

絶大です。

 

そして やはり 本当に 治療が進むにつれて、どんどん良くなります!!

何不自由なく 歩き 走り 飛び跳ねる我が子の姿は とっても とっても

誇らしく、愛しいものです。

当の本人は、物心つくころには、大変だった記憶はないかもしれません。

親の私が、いつかとっても頑張り者だった 勇敢な赤ちゃんだったことを

本人に話して聞かせ、沢山 褒めてあげたいと思います。

ショックで打ちひしがれていた頃には 信じる強さもなくしてしまいがち

でしたが、でも 大丈夫、大丈夫です!!