読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Have we met before?

先日、姉夫婦の自宅にお呼ばれしたとき、近所の安くて美味しいpizzaをtake outしたものを お昼に食べさせてもらったら、とってもおいしくて、夕飯にも買ってこようと、急遽 お使いに走った。

500円で18cmのpizza そこに 100円の箱代がつくのだけれど、昼に食べた空き箱を持参して、100円節約 資源再利用を実行。  昼の空き箱はフタが切り取られてはがれていたものを、まだ使えるよね、と持参。  主婦としては多少見た目が悪くても、清潔であるなら 問題ない、ok という感覚。

お店にいざ到着すると、テラスまでついて、なんだかとってもおしゃれな雰囲気のイタリアンなお店だったので 所帯じみた行動が恥ずかしい気持ちになりつつ、持ち帰りのPizzaを3枚注文。    そして 対応してくれたウェイターの男の子が これまた おしゃれで かっこいい顔立ちで 素敵な子だった。20年前だったら 絶対に空き箱を差し出して pizzaの持ち帰りを注文できなかっただろうな と思うくらい、おしゃれな空気。 素敵な スタッフ!!  

良いのか 悪いのか、羞恥心よりも 資源と100円の節約を重んじるようになった今の私は、せめて恥ずかしそうに(だけど 堂々と)

「これ、今日take outで戴いた箱なのですが、1枚はこれに入れてください」  とフタがはがれた箱を手渡す。    感じの良い Good looking なウェイターの男の子は笑顔を絶やさず 対応してくれた。

のだけど、 この男の子が私を見つめる視線が、 キラキラしていたのがとっても とっても 気になった。 化粧なし、髪はひっつめお団子の 太り気味な身体の40手前のいいおばさんである私には にはまぶしすぎる キラキラの視線。

映画じゃないけど、『 ん?Have we met before?』  どっかで お会いしましたっけ?  と聞きたくなるような、私を知っている人? 私のファン?(自意識過剰ですから)  みたいな見つめ方をされた。

あんまり 素敵な視線だったから、 待ち時間に飲み物のお使いに行こうとしていたのに、買い物に行くというフレーズを口にするのが恥ずかしくなっちゃって、  「ちょっと本屋に出かけてきてもいいですか?」  と口走ってしまった(本屋もすっごく Coolな場所というわけではないが)。

もうなんなの~? 妙にドキドキする~~!!! と内心焦りながら 早足で近所のスーパーへ向かい、缶ビールや中ハイ、ソーダ水を買う。おしゃれぶって ワインを選べたらよかったけれど、知識がなく、帰宅後すぐに皆で乾杯したかったので、常温でしか店に並んでいなかった ワインはパス。(さすがに氷を浮かべては飲めないよなと判断)  結局大きなスーパーの買い物袋から缶ビールが透けて見えている、所帯じみた格好で pizza店へ戻り、 あの男の子に こんな格好見られないといいけどな と思いながらPizzaを待つ。  もうあの子はいなくって、バイトの女の子が 笑顔も少なめにピザを渡してくれて、ささっと店を後にしたけれど。

帰り道、きっとあの子は バイトがちょうど終わるときだったに違いない!そして これから会いに行く girlfriend のことを想って 瞳が輝いていたに違いない!!   ああ、若いって いいな~~~!!! と勝手に妄想して 納得していました。

脳は 現実に起こっていることと、想像していることとの区別がつかないといいます。  だから レモンを食べる と想像したらきゅ~~っとすっぱい口になったりするそうです。   よって、楽しいこと、ワクワクするようなことを 妄想、想像して ワクワクすることは 心にとって、良いことだそうです。   それを 思い出して、ちょっと かわいい男の子に 素敵な笑顔をもらえたからといって 舞い上がっていた自分に、   

なんか 良いホルモン出たかも!!

と 前向きに考えるようにしました。  妄想の世界でワクワクすることで 日々の生活にメリハリをつける、  これもけっこう楽しい~~!!!