読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はもう、、、、、、、  盛りだくさん!!!!!

体力限界、意識もうろう、、、、、、、、

ガラス作家をしている知人の個展を観るため、元町(横浜)へ息子を連れてでかけました。

乗り換えのときに、横浜線の車内に手荷物を丸ごと忘れて下車し、電話もお金も 帰路のチケットも オムツも 何もかもを失いました。

かろうじて 手元に残ったのは、ペットボトルのお茶ひとつに お土産の安倍川もち。。。。

目的地の最寄り駅の改札を出たら 息子が手にしていたバスの模型をかばんにしまうと言い出したので、

「わかった、しまうのね、、、」

とリュックサックを下ろそうとして 初めて荷物を電車内に置き忘れたことに 気が付いた。。。。。。

嫌だ!!忘れてきちゃった!!!!!

パニック。

けっきょく 見つからない荷物。 個展を開いた知人に 自宅に帰れる現金を借り、交番に届けを出したりしながら、夕方の帰宅ラッシュの真っ只中を横浜線にゆられ、新幹線も通路に立ちっぱなし(数分後 見かねた若者に席をゆずってもらえた)、とにかく精も根も尽きた感じで 、自宅へ向かうバスに乗った。

 

横浜では たくさんの親切、優しさに励まされ 助けられ、新幹線でも優しい若者に助けていただいて。。。。。

沢山の私物(携帯 財布 現金 保険証 運転免許証 デジカメ 手帳 通帳 印鑑 などなど。。。)を失い、  思い切って出かけた先で ちっとも楽しい行楽などなく、あたふたと「どうしようどうしよう」って、せっかくの遠出が台無しだったけれど、優しい人々に、たっくさん助けられながら、思いやりに感動したりもしたから、悪いことが起きたのに、ありがたいような気持ちでした。

 

なのに、地元のバスで、運悪く やなやつ の後ろに座ってしまい、その男(30代半ばくらいのサラリーマン風)から きわめつけの気分の悪さをいただきました。。。。

 

ようは 息子の話す声がうざいと、 相当腹を立てられて、これでもかってくらいの咳払い、 舌打ち、  挙句に 息子に向かって 振り向いて 「え~い!!」 とだみ声で威嚇するしまつ。

息子に静かにしてもらえるように、わたしも最善の努力はしたけれど、まだまだ 静かにしていようね ってのが通用しない2歳児。    トラックいた!! とかいいたくなるわけ。

嫌な男の あからさまな態度に 息子がしゃべるたびに 

「だめだめ! 静かに~!!」

と言わなくてはならず、今日の不運続きで気持ちにゆとりが無い私は

男が振り向いて 息子にひどい睨みを利かせながら「 し~~~~~~!!!!!!」

と言ってきた時には

Shut the F#c*ing mouth  たばるなっく!!!!!!!

と 男にめがけて言い放ってしまいました。

顔の角度は 息子をしかっている風な角度だったから、男には 私は息子に言っていたとしか思えなかったはずだけど。。。。

全部 おめえ宛てだぜ!!!!!

さすがに タバルナック は理解できまい!!!!!

ま、 そうでなかったら 口に出来ませんが。。。  メルシー 汚いフランス語。

ちょっとだけ、私の気が済んだ。