読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

息子のお気に入りのプラレール

1歳のお誕生日の時に 私のおじから頂いたのがプラレールの新幹線とレールのセット。  そのころから 息子が気に入っていて、親の私も楽しくなり少しずつ車両やレール、踏切などを買い足して、今では頂いたプレゼントを含めて衣装ケース1箱に収まるのがやっとになっている。

 

6畳ほどの空間にレールを組み立てて、好きに車両を走らせるのが息子のお気に入り。

 

ある時期は、とにかく長く長く貨物列車をつなげて走らせることにこだわっていた息子。  いいんだけど、長くしすぎるとカーブを曲がり切れなくて脱線してしまう。そしてそのたびに激怒する。。。。。5回くらい脱線してはやり直すのを繰り返すと、さすがに直し担当の私の忍耐が持たない。「つなげすぎだから、脱線しないように短くしてみよう。」とそそのかしたりしても それが受け入れてもらえず、辛い時期があった。。。

 

最近は2台を競争させて、どちらが早いか眺めたり、追いつかせて脱線させたり、正面衝突させて盛り上がってみたり。事故の風景は たとえおもちゃの世界でも私は気持ちがふさぐので、けっこう本気で嫌がっていた。すると今日は2回ほど正面衝突をさせた後に、競争に遊びを切り替えて、追いつきそうなときに車両を助けて事故を未然に防ぐという遊び方をし始めてくれた。(平和で嬉しい)

 

そして私が組み立てたレールを、自分の好みに変化させようと自分で手直しをするなど、少しずつ3歳児にしては高度なテクニックを使う意欲を見せてくれた。

f:id:maricake0418:20170304222825j:plain

電車を追いかけて動くときにレールにさわってしまってレールの修復がたびたび必要になったり、脱線した車両をレールに戻すのを手伝ったりでなかなか付き合うのが大変だけれど、きっとそのうちお友達とこういった遊びをするほうが好きになるのだろうから、今は全力でお手伝いしている。

 

プラレールから、いろいろな車両、レールのセットが販売されているけれど、Amazonで買った トーマすと貨車いっぱいセット が一番お買い得だったと思う。

トーマすにつながる貨車もミルクタンクが揺れたり、おさかなや果物を乗せる貨車があったり、走ると2つの木箱がぴょこぴょこと上下に揺れたりするかわいい貨車があって、すごくかわいい。

 

こういう 息子が乗り気で 遊ぼう遊ぼうと言ってくれるおもちゃで遊ぶ時には

 

「よし!それじゃあ まずはお部屋を片付けて、掃除機できれいにしようね。大事なプラレールが汚れないようにね!」

と言って さくっと掃除機がかけられることが うれしいおまけだったりする。

 

掃除機の音が苦手な息子も 楽しみがすぐそこにあることで がんばって我慢してくれる。

楽しみが特にない時の掃除機掛けは、息子をおんぶしながらになることが今は多い。しかも、わざとバランスを崩して「たすけて~!!」と遊ばれるから本当に大変。