読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幼稚園生活、息子の頑張り。

早くも幼稚園に通い出して2週間が過ぎたけれど、初日に転んで鼻血を出したり、おトイレになかなか行けなくて(なぜか我慢してしまう)先生に水洗いしてもらったパンツを持ち帰ってきたり、クラスメイトにぽかぽかと頭をたたかれて泣いてしまったと(先生がそういう出来事が起きた日には必ず双方の保護者に電話で知らせてくれる。ただし個人名を伏せてーーー余計な個人的な思いからくるトラブルを避けるため)、給食を食べていて戻してしまったという電話の報告を受けたり、いろいろとあった最初の1週間を過ぎ、2週目にはおもらしもなくなり、毎日「今日は帰りのお支度の前に おトイレに行ったの!」などと張り切って話してくれるように成長した息子。

 

 

本当によく頑張ってくれているなと、誇らしく、愛おしく、感動させられる毎日。

 

今までは 私に靴を脱がせてもらわないと玄関を上がれないありさまだった息子が、器用に靴を脱いで 上品にそろえて家に上がるように成長し、度肝を抜かれた。

 

あたしって、、、どんだけなめられていたの?

 

といったショック。

いくらしつこく教えようが、自分でやろうとしなかった、怒りまくって「早く脱がせ!!!!」という勢いで私にあたってきた息子が、いとも簡単に しゅっと靴を揃えてしまう不思議。。。。。

 

できるのにやろうとしなかった、あの日々は一体、、、、、????????

 

私の育て方に問題があったのだろうなって。。。。。

 

くつの脱ぎ履きは、年長さんが毎朝登園時にお教室まで付き添ってくれるようになっていて、年長さんに教わったと思われる。

ありがとうね、小さな大先輩!!!!!

 

ママの言う事には従わないが、憧れの年長さんの教えには素直に従える息子の内弁慶っぷりが怖い。

 

それでも毎朝、「今日は幼稚園?」とか、「永遠に幼稚園に行くの?」 とか、「明日は幼稚園行かないよ!」 などなど 必ず一言幼稚園へ行くことへの緊張と不安を口にする息子が、園バスに素直に乗って 泣くこともなく 緊張と不安を無理して隠している精一杯の笑顔で私に手を振ってくれる姿に

 

「あ~~~、かわいい!!!! 私も頑張ろう!!!」

 

というとてつもないパワーをもらっている。

 

この初々しいかわいい姿を見守れるのも、今の短い時間だけ。

年長さんのたくましさを見ていると、今の時間の貴重さが良くわかる。

 

年長さんのかわいさも、これまたたまらなく愛おしい!!!

今朝なんて、息子に向かって

OOOさ、(息子の名前を呼び捨てで呼びかけていた!) 帰りのバス待ってるとき俺がサッカーしてるところ見てるだろ?」

と 得意げに聞いていて、最高にかわいかった。

 

もうすっかり息子を小さな後輩扱いしていて、名前を呼び捨てで呼んでくれるほど親しい気持ちでいてくれるようで、 そして とはいえ 6歳前の年長児だから、俺のこと見ててくれちゃってんだろ?俺、かっこいいだろ?? といった張り切った感じが かわいいのなんの!!!

 

男の子の世界って未知過ぎて、怖くてたまらなかったけれど、こんなにもかわいくて愛おしいものかと感動しまくっている。