読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハチが室内に!  洗濯物に紛れ込んでいたかな?

曇りがちな薄暗い空模様の今日、さすがの静岡も寒いと感じる一日で、早めに洗濯物を取り込んで部屋で片付けていた3時頃。

 

動画をみていた息子が

「ん!!  んん~~~~!!」

と私を呼ぶので何事かと思ったら、大きなハエのようなものが飛んでいて、息子の傍の壁に停まった。  よく見るとミツバチだったので、慌てて息子を部屋から出して

 

「ハチだね!!  あ~びっくりした!!!   飛んでいたの? どこから来たの?」

と聞くと、顔の前を飛びながら通り過ぎたそう。

ハチに刺されたことはないけれど、ハチに刺される夢にうなされたことが何度もある私は怖くてしばし思考が止まってしまったが、夏に100均で買っておいた虫取りの網があったことを思い出し、それを手に、ハチの捕獲に挑戦。

 

Marsha and the bear   というアニメの動画を気に入ってよく見ていた息子は、ハチが怒って熊を襲うということを知っていて、私も 「ハチは怒らせたら とっても怖い」と話してきたので、私の背後に隠れるように、捕獲作戦を見ていた。

 

今だ!!!

と網を振りかぶったら ハチが舞い上がり、私はパニック。

網を投げ捨てて息子を抱えて部屋から逃げてリビングルームでへなへなと座り込む。

 

ハチは追いかけては来なかったものの、私のパニックに息子は恐怖でいっぱいになってしまい、

「ママ、 ばあばに電話して~!!」

と言いながら泣き始めた。  (私じゃ対応しきれないと思っていたよう)

 

かわいそうに、こんな風に怖がって泣かせてしまって、申し訳ない。

「ばあばは出かけてしまってどこにいるかわからないし、じいじも夕方まで戻ってこないし。。。」

というと

「OOちゃん?」

と姉の旦那の名前が 息子の口から出てくる。

 

息子が、誰を頼りにしているのかということが、明らかになった瞬間で ちょっと面白かった。

 

自分で何とかしようと 息子が泣き止んで 落ち着いたところで

「ママ、できると思うから、見ててね。  逃げろって言ったら リビングに逃げてね!!」

と捕獲に向かう。

じたばた足を踏み鳴らしてしまうくらい 気持ち悪かったけれど、何とか網の中にミツバチを捕獲できた。

床から網が浮かないように気を付けながら 結構な時間をかけて ようやくミツバチを玄関から外へ出すことに成功。

 

寒いやら怖いやらで ぶるぶる震えてしまった。

 

しかし だれもケガしなくてすんで 良かった。

子父は ハチにアレルギーがあるとかで、 私と全く同じリアクションでハチを怖がる人だった。  息子もハチにアレルギーのある体質かもしれないし、これからも気を付けなくっちゃ。

 

昔 弟がパジャマに隠れていたミツバチに刺されたことがあって、  母は突然火が付いたように泣き出した弟に大慌てして、私にも時々注意してくれていたけれど。

洗濯物にハチを付けたまま取り込んでしまうということが自分にもおこるなんてね。

 

これからは 裏表に干して、取り込んだらひっくり返してチェックする癖をつけようと思った。